初心者必読!WiMAXの速度制限と制限を回避する方法

WiMAXの速度制限とその対策

 

WiMAXの使用時に「今月は少し使いすぎたかも」「あとどれくらいで制限がかかってしまうんだろう…」と不安になることはありませんか?他社キャリアのモバイル端末と比べると、WiMAXは最も制限が緩く、制限後もそれなりの速度は出ますが、使い方によっては厳しい制限がかかってしまうことも。

 

今回は、WiMAXの速度制限がいつからかかるのか、回避の方法や利用のコツなどを解説します。制限についてきちんと把握することで、より快適なWiMAXライフが楽しめるはず。よろしければ使用目安の参考にしてみてください。

 

WiMAXでは2種類の回線が利用できそれぞれ制限の基準が違う

 

WiMAX にはWiMAX2(ハイスピードモード)と、au LTE(ハイスピードモードプラス)というふたつのモードが用意されています。ふたつのモードはそれぞれ使用する回線が異なるため、速度規制の条件にも差が出るのが特徴。まずは、それぞれの速度制限の基準についてみていきましょう。

 

WiMAX2エリア

WiMAX2は、WiMAXの回線のみを使用するモードです。月の上限は無制限。直近の三日間で10 GB 以上のデータを使用すると、通信速度が10GB→1 Mbpsへ制限されます。

 

「10 GBの目安」
YouTubeの視聴(標準画質) 約40時間
ホームページ閲覧30,000ページ

 

au LTE

 

Au LTEは、WiMAX以外にauの回線も使うモードです。毎月1日から月末までのデータ使用量が7 GBを超えると、通信速度が128kbps(0.128Mbps)へ制限されます。

 

「7GBの目安」
動画視聴: 約31.5時間
ホームページ閲覧: 約24430ページ
参考:http://faq.ymobile.jp/faq/view/401859

 

WiMAX2は速度の速さと制限の緩さが魅力ですが、エリアが狭く山や屋内、地下等での電波の入りが悪いなどのデメリットも。全国どこでも使えるau 回線は、電波の入りもよくそんなWiMAX2の弱点を補ってくれます。

 

ただし、au LTEの使用にはいくつか留意点も。うっかり速度制限を受けることのないよう、デメリット部分もしっかり把握しておきましょう。

 

au LTEを使用する際の注意点

 

au LTEを使用する際の注意点は下記の2つです。

 

1、別途料金がかかる

 

WiMAX2とau LTEは切り替え自由ですが、一度でもau LTEに設定すると月額に1,005円が上乗せされます。

 

毎月au LTEエリアモードを使用した場合、WiMAX2は2年間の契約プランですから、月額1,005円×24か月だとすると総額24,120円を支払うことに。

 

これでは、たとえキャッシュバックなどの特典を受けていたとしても、あまりコスパがいいとは言えません。

 

2、7GBの制限がかかる

 

モードをWiMAX2からau LTEに切り替えると7GB の使用制限が適用されるため、たとえ10GBが使用できるギガ放題プランで契約していたとしても、使えるのは7GBまでとなります。

 

7GBの制限はWiMAX2とau LTEの合計が対象になるため要注意!気を抜いているとすぐに使用量をオーバーしてしまいます。

 

また、au LTEで7GB を超えてしまい12Tbpsの速度制限を受けている場合、WiMAX2の使用も制限対象になります。そのため、WiMAX2に切り替えて使用したとしても速度は12 Tbpsのままとなります。

 

制限時の速度と制限解除のタイミング

 

では、実際に速度制限された場合は、どのくらい遅くなるのでしょうか。各回線の“制限時の速度”や“何をどの程度できるのか”を詳しくみていきましょう。

 

WiMAX2

 

制限時の速度とできる事

 

最大通信速度が、概ね「1 Mbps」へ制限されます。YouTubeなどの動画サイトを閲覧するのに必要なのは0.6Mbps程度ですから、標準画質レベルの動画であれば問題なく視聴可能です。

 

WEBサイトの閲覧に必要なのは平均して0.5〜3MB程度。画像や動画、JAVAなどが特別多いサイトでなければ1Mbpsでもストレスなく閲覧できるでしょう。

 

ただ、画像表示に多少の時間を要するため、画像の多いWEBサイトや容量の大きいアプリのダウンロード、オンラインゲームなどは難しいかもしれません。

 

制限が解除されるタイミング

 

速度制限は三日間の使用データ量が10 GBを超えた日の、翌日18時頃〜翌々日の2時頃まで適用となります。一度適用となった速度制限がその月にずっと続くということはありません

 

また、10 GB を超えた場合でもすぐに速度制限がかかるというわけではなく、翌日の18時頃までは速度制限なく使うことが可能です。

 

au LTE

 

制限時の速度とできる事

 

最大通信速度が、概ね「128 kbps」へ制限されます。テキスト中心のメールであれば使用可能です。LINEもテキスト中心であればギリギリOK。LINE通話もできますが、ノイズが入ったり途切れたりすることがあるため、スムーズな使用は難しいでしょう。

 

WEBサイトの閲覧も画像表示に時間を要するため、お世辞にも快適とは言えない状況。Twitter や Facebook などのSNSもテキストのみなら表示可能ですが、やはり画像表示に時間がかかるため閲覧にはかなりのストレスがかかります。

 

動画も、もたついたり途切れたりするのでスムーズな視聴は困難。オンラインゲームなどもアップロードには膨大な時間を要するため、スムーズに使用可能なのは、テキスト中心の作業のみと考えた方がいいでしょう。

 

制限が解除されるタイミング

 

速度制限を受けると、その月は月末まで128kbpsの速度制限がかかります。解除されるのは翌月1日からです。

 

 

速度制限の回避方法

 

1Mbpsならまだしも、128kbps の速度制限はかなり不便なため極力さけたいところ。ここからは、通信速度の制限を回避するための3つのポイントを紹介します。

 

1.無料の wi-fi を使用する

 

飲食店や 駅構内などで解放されている「無料 wi-fi」を活用しましょう。無料 wi-fi とはスマホをインターネットに接続できるサービスのこと。無料で高速のデータ通信が利用できます。

 

最近ではWiMAX2が比較的弱い地下鉄でも無料Wi-Fiが使える駅が増えています。au 4G LTEに切り替える前に無料Wi-Fiの有無を確認しましょう。

 

注意したいのは提供されているWi-Fiには、無料のものと有料の場合があるということ。「wi-fi 使用できます」とだけ書いてある場合、料金がかかる場合も。また、使用量に上限が設定されている場合もあるため、事前に施設の従業員に確認しておくといいでしょう。

 

また、フリーWi-Fiを使う場合は、銀行口座やメールアカウントなどパスワードを打ち込む作業をするのはやめましょう。同じフリーWi-Fiを使っている人からパスワードを抜き取られるリスクがあります。

 

2.データの通信量をこまめにチェックする

 

こまめにデータの使用量を確認し、制限内に収まるようにしましょう。データの確認方法は大きく分けて3つです。

 

1、WiMAXの端末で確認する
WiMAXの端末W05・W04・W03・WX02・WX032には、通信量カウンターがついており、月間データの通信量の目安を確認することができます。

 

2、プロバイダの公式サイトで確認
プロバイダの公式サイトにログインすることでデータ量を確認することが可能です。

 

UQ コミュニケーションズの場合だと、公式サイトのUQマイページに ID パスワードを使いログイン。そこで使用量などが確認できます。他のプロバイダも同じような設定になっているので、公式サイトをチェックしてみましょう。

 

3、専用アプリで確認
データの通信量をカウントする専用アプリも便利です。おすすめは「NEC WiMAX 2+ tool」WX04・WX03・WX02・WX01及びnad 11の端末が対象となっています。

 

3.Au LTEをなるべく使わない

 

WiMAX2はそのシステム状、どうしても繋がりにくい状況がでてきてしまいます。そういった場合、回線エリアの広いau LTEが便利ですがなるべく利用を控えたいところです。

 

理由は、一瞬でもauエリア(HS+A)を使うと、その月は速度制限の基準が、auエリア+WiMAX2エリアの合計が7GBに達したところで制限がかかります。auエリアの速度制限は上記の通り厳しいです。

 

ですので、auエリアを使うのであれば月末でデータ通信量が少ない(7GBまで余裕がある)状態以外での利用は基本的におすすめできないです。私は田舎で使うため、auエリアをメインに使いますが、月の通信量が7GB行かないように常に気を配っています。

WiMAX2を申し込むなら

bannaers

WiMAX2は大手量販店だけでなく、プロバイダ含めると20近い申し込み先があり、それぞれが独自でキャンペーンを行っています。

WiMAX2はどこから申し込んでもスピードやエリア等のスペックは変わりません。

同じWiMAX2を使うなら、申し込む際にキャッシュバックなど充実したキャンペーンを付けたいという方は、各申し込み先のキャンペーンをチェックしておくといいかと思います。

WiMAX2のキャンペーンと利用料金の一覧表