WiMAX 家電量販店の店舗契約とネット申し込みの違い

GMOとくとくBBの評判とキャッシュバックの注意点

 

高額キャッシュバックが人気の「GMOとくとくBB」 新規の申し込みや、乗り換えを検討しているという方も多いのではないでしょうか。しかし、GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取りや、解約手続きが複雑であるという難点も。

 

この記事では、キャッシュバック受け取り・解約の際の注意点などを過去にGMOとくとくBBを使っていた筆者が解説。気になる、ユーザーの評判についても触れたいと思います。

 

※当記事はGMOとくとくBBを利用していた方に寄稿していただきました。

 

GMOとくとくBB「キャッシュバック」の概要

 

GMOとくとくBBで新規契約し「ギガ放題」と「通常プラン」いずれかのプランに加入。キャッシュバックキャンペーンを選ぶことで適用されます。キャッシュバックの金額は月によっても変動しますが、現在は最大40,450円を受け取ることが可能です(2018年7月現在)

 

契約できるプランの種類

GMOとくとくBBには、「ギガ放題」と「通常プラン」が用意されています。月額料金は以下の通り。

 

「ギガ放題」

  • 1か月目〜2か月目まで3,609円
  • 3か月目〜25か月以降4,263円

 

「フラットツープラス」

  • 1か月目〜2か月目まで3,609円
  • 25か月目以降3,609円

 

ギガ放題はいわゆる“使い放題”のプラン。制限なしにWiMAXの回線を利用することができます。「通常プラン」は通信量が7 GBに制限されたプラン。ひと月のデータ使用料が7GB を超えると、回線速度が128Kbpsに制限されます。速度制限の詳細は、初心者必読!WiMAXの速度制限と制限を回避する方法にまとめています。

 

2年契約でキャンペーンが適用される

 

プランにはそれぞれ2年と3年の契約期間が設けられており、好きな方を選択できます。3年契約を選んだ方がキャッシュバック金額は高いですが、2年、3年どちらを選んでも月額料金は変わりません。

 

現在、WiMAXは3年契約が主流になりつつあります。GMOとくとくBBは2年契約を結べる数少ないプロバイダーです。2年契約、3年契約 それぞれのメリットデメリット

 

GMOとくとくBBの口コミによる評判

 

WiMAXを選ぶ目安として、口コミでの評判も重視したいところ。ここでは、重要な「回線速度」に加え、悪評を耳にすることが多い「サポート対応」にも注目して口コミを集めてみました。

 

いい評判

 


我が家はシャッターを閉めた1階の部屋で夜に使うことが多いですが、それなりなスピード感です。 大手プロバイダーのような何も気にならない速さとまでは行きませんが、 この値段でそれなりのさくさく見れるのは良いです。 YouTubeなど、動画も普通にスムーズに見れます

 

何度か電話で対応していただいてますが、満足しています

 

電話サポートは一度だけ利用しました。オペレーターが新人だったのか不慣れな感じがしましたが、繋がりにくいこともなく不具合も解決できたので特に問題なしでした

 

悪い評判

 


外出中は満足していますが、肝心な自宅での電波が悪い。 酷いときは一本もゲージがない。ムラがありすぎます

 

自宅では窓際においていますが、非常に低速でブラウザ閲覧がたびたびタイムアウトします。 また1か月7GBの制限があるプランですが、よく月半ばで超えてしまい、そうなるとさらに低速になってしまいます。 場所によるのでしょうが、速度と容量制限はよく確認した方がよいと思います。

 

会員サポート電話はいつも話し中で呼び出し音すら鳴らず全く繋がらない。 電話番号もかなり探さないと見付けられないと思う。 サポートメールも2〜3日後にしか返事が無い

 

電話サポートがほとんどつながりませんでした。Webから問い合わせメールを発信すると、回答はもらえましたが、私の場合うまくWIFI接続できずその原因調査にメールでのやりとりは非常に時間がかかりました

 

 上記口コミの引用元:価格コム

 

評判の内容と個人的所感

速度に関して

 

価格comの口コミでは回線速度が「2.46」、サポートは「2.26」という結果に。総合点は「2.33」でした。速度に関しては若干、「遅い」という口コミの方が「速い」を上回る印象。とくに、自宅での電波の入りに不満をもっている方が多くみられました。

 

ただ、速度に関してはGMOとくとくBBだから遅いと言うより、WiMAX回線自体の問題である可能性が高いです。WiMAXは端末や、利用場所、エリアで速度差は大きく出ますし、プロバイダ間での速度の差は理論上ほぼないですし、私も感じませんでした。

 

契約前に自宅周辺の電波状況を事前に確認した方がいいです。方法としてはトライWiMAXがありますが、最新端末が品薄でほぼ借りられないため、各プロバイダが行っている初期契約解除を利用する方が現実的です。

 

初期契約解除とは、ネット回線のクーリングオフのようなもので、端末が届いて8日以内ならば月額、端末料金、違約金を支払わずに解約ができる制度です。これを利用して自宅等での電波状況を確認するといいと思います。※ただし3,000円の事務手数料はかかります。

 

GMOとくとくBBには20日以内であれば違約金の負担なく解約できるサービスがありますが、こちらは違約金のみ無料になるだけで、契約手数料3,000円+2ヶ月分の月額がかかります。また、解約の条件としてピンポイントエリア判定の結果が〇でなければなりません。

 

サポート体制に関して

 

 

サポート体制に関してですが、こちらもやや悪い口コミが多い印象を受けました。
目立っていたのが「電話がつながりにくい」「対応が悪い」といったもの。
なかには「呼び出し音すら鳴らない」という声も。

 

しかし、一方で「つながりにくさは感じなかった」「対応に満足している」という声があるのも事実。電話口に出るひとによって、対応に差があるのかもしれません。

 

▼実際に問い合わせしてみた
この記事を書くまではサポートを受けたことがなく、対応が悪いという印象はありませんでした。しかし、あまりにも対応に関する口コミが多かったため、実際に問い合わせてみることに。

 

少し意地悪な気もしますが、どのくらいの時間で電話にでてくれるのかタイマーで計測してみました。

 

結果は2分30秒。

 

電話をしたのは14時30分頃で、公式サイトにも記載されていた電話が込み合う時間帯(12時〜15時)に該当しますが、長時間待たされるということはありませんでした。

 

電話に出たのは若い女性で、対応は可もなく不可もなくという印象。
たしかに、大手のサービスに比べると対応のよさは劣るかもしれませんが、特別「態度が冷たい」という印象は受けませんでした(ちなみに問い合わせ内容は、解約方法と違約金についてです)

 

電話したのは一度なので何ともいえませんが、やはり状況や出るひとによって対応が変わるのかもしれません。

 

■GMOとくとくBBを契約する際の注意点
ここからは、複雑だといわれているキャッシュバックの受け取り、解約方法に関する注意点を詳しく解説していきます。

 

▼キャッシュバックの受け取り方法
キャッシュバックを受け取りには手続きが必要です。
手続きのための案内メールは「WiMAXの利用開始から11ヶ月後」に基本メールアドレスに届きます。

 

気をつけたいのはこのメールアドレス。

 

メールは申し込んだ際のメールアドレス宛に送られてくるのではなく、契約後に GMOとくとくBB から付与されるメールアドレスに対して送られてきます。

 

メールを受け取ったら専用ページで手続き。
会員ページにログインし、キャッシュバックの振込先(銀行情報)を打ち込みます。
これで手続きは完了です

 

申し込みには期限が設けられており、それを過ぎてしまうとキャッシュバックが受け取れません。必ず11ヶ月後のメールチェックを忘れないようにしましょう。

 

メールは転送サービスも用意されています。
自信のないひとは、普段使っているメールアドレスに転送できるようにしておくと安心です。 ※Gmailへの転送方法リンク

 

■解約の際の注意点
GMOとくとくBBの解約は、「契約更新月」と「更新月以外」で申し込み方法が変わるので注意しましょう。

 

▼契約月の解約
契約更新付きの場合は、毎月20日までに会員ページ「BBnavi」からログインし、「サービスオプションの解約解除」ボタンをクリックするだけで OK。

 

契約月であれば書面でも解約の申請が可能です
書面の場合は、ウェブサイトから「解除申請書」をダウンロードして印刷。
GMOとくとくBBまで郵送します。

 

▼更新月以外の解約
契約月以外に解約する場合は、会員ページに「解約解除ボタン」が表示されません。

 

契約月以外に解約を申請する場合は、解約希望する月の20日までにGMOとくとくBBの 「お客様センター」へ電話でコンタクトをとる必要があります。

 

また、契約期間中の解約は違約金がかかります。
違約金は端末発送月の翌月を1ヶ月目とし、1ヶ月目〜24ヶ月目までの解約で24,800円(税抜)、 25ヶ月目以降、契約更新月以外の解約で9,500円(税抜)です。

 

契約期間については会員ページで確認が可能。その他、電話でも問い合わせできます。

 

▼SIMカードの返却を忘れずに!
GMOとくとくBBは、WiMAX端末に関しては返却不要ですが、SIMカードは返却が必須です。 解約月の翌月末までに返却しないと、3,240円の損害金が発生するので忘れないように注意しましょう。

 

■GMOとくとくBBの評判とキャッシュバック注意点 まとめ
キャッシュバックの受け取りや、解約方法がやや複雑なGMOとくとくBB。
契約後に損をしないように、メールの確認や契約期間についてしっかり確認しておきましょう。

 

月額料金やキャッシュバックの金額自体は、現時点で他プロバイダーよりも勝っています。
契約の際はそれらの恩恵をうまく受けられるよう、この記事を参考にしてみてください。

 

■GMOとくとくBBとは?
GMOとくとくBBは、GMOインターネット株式会社が運営するプロバイダーです。
WiMAXを提供するプロバイダーは数多く存在しますが、キャンペーンの豊富さや高額キャッシュバックなどで人気を博しています。

WiMAX2を申し込むなら

bannaers

WiMAX2は大手量販店だけでなく、プロバイダ含めると20近い申し込み先があり、それぞれが独自でキャンペーンを行っています。

WiMAX2はどこから申し込んでもスピードやエリア等のスペックは変わりません。

同じWiMAX2を使うなら、申し込む際にキャッシュバックなど充実したキャンペーンを付けたいという方は、各申し込み先のキャンペーンをチェックしておくといいかと思います。

WiMAX2のキャンペーンと利用料金の一覧表